Midoriya Vin Nature

ナチュラルワインNatural Wine

ナチュラルワインについて

生産者

私共が考える「ナチュラルワイン」とはどういうワインか。それは、「産地の風土や土壌、葡萄、そしてワインを造る人、それぞれの個性が上手に表現された自然な美味しさのワイン」です。このようなワインを造るためには、まず「ビオロジック」、「ビオディナミ」、「リュット・レゾネ」など、自然を尊重して栽培された葡萄が必要です。さらに酸化防止剤を極力減らし、またフィルターをできるだけかけず、凝縮した旨みを残したワインであると考えています。その中でも、栽培は「ビオディナミ」、天然酵母で発酵、酸化防止剤無添加、清澄・ろ過しない、というような徹底的にこだわった究極の「ナチュラルワイン」を造る生産者も少なくありません。ここでもう少し触れたいことがあります。ワインを造るのは人であるということです。葡萄を育てるのも人、醸造するのも人です。どういうワインを造るかは、生産者の思い一つで決まります。ワインの美味しさは、生産者の人柄にも大きく影響されるはずです。私共が考える「ナチュラルワイン」は「健全な人によって造られる自然度の高いワイン」ともいえるでしょう。

しかしその反面、「ナチュラルワイン」は通常のワインに比べ、温度変化等による品質劣化がおきやすいのも事実。その味わいを損なわないようにリーファーコンテナで輸入、定温倉庫で貯蔵するなどの品質管理は最低限必要です。

どうして?

葡萄の根

なぜ「ナチュラルワイン」には、有機栽培などの葡萄が必要なのでしょうか。健康な葡萄の木は、地中深く根を伸ばし、その土壌の個性を根から吸収して果実に反映します。
一方、化学肥料が多量にまかれた畑の葡萄は、その表土近くにある栄養を求めて根を横に伸ばします。土壌の個性など表現されるはずもありません。また殺虫剤などの農薬によって、畑や醸造所に住む酵母がいなくなり、その代わりに流行の培養酵母を使用してワインを造ります。こういうワインは美味しく仕上がっていても、「自然度の高い健全なワイン」とはいえません。

美味しいの?

テイスティング

残念なことに「自然度の高いワイン」がすべて美味しいわけではありません。公の認証団体に認定された「ビオロジックワイン」も然りです。

当店では、実際に現地のワイナリーを訪問し、テイスティングして、まず美味しいものを選びます。「自然度の高いワイン」であるから選ぶわけではありません。その土壌に触れ、恵まれた風土を体で感じ、生産者のワインに対する情熱を聞きます。「ビオロジック」とは一言もいいませんが、最後まで話を聞くと有機農法を実践しているのだと分ることがよくあります。「ビオロジックワイン」であってもボトルに表示しない場合も多くあるようです。

ナチュラルワインで世界平和!

「ナチュラルワイン」がたくさん飲まれるようになったら、幸せなことがたくさん起こります。

  1. それを造っている世界中の生産者も幸せです。自分の信念を曲げず造りあげたワインが正当に評価され、これからもずっとそれをつくり続けられるから。
  2. 飲む人も幸せです。美味しい「ナチュラルワイン」がたくさん飲めるから。生産者の顔が見える安心、安全なワインです。美味しければ、今までワインを敬遠していた人も飲めるようになるかも。ワインを飲む人が増えます。
  3. 私(販売者)も幸せです。流行や評論家のコメントに左右されることなく、自信を持ってお奨めできる素晴らしい生産者のワインだけを紹介できるから。たくさん売れれば、健全な畑が増えます。
  4. 自然環境も幸せです。化学肥料や農薬の影響を受けなくなるから。動植物、微生物など全てが共存する本来の姿に戻れます。
  5. 未来を生きる子供たちも幸せです。造り手、飲み手、売り手になりうる子供たちにこの健全な循環を引継ぎたい。「ナチュラルワイン」で世界平和!を願います。

おわりに

生産者

日頃、よく思うのですが、「ナチュラルワイン」を飲むと美味しいのはもちろん、なぜかとても癒されます。疲れているときは体の隅々までしみわたり、元気になります。自然の恵みを感じ取っていただければ幸いです。